カテゴリ: ブログ友

なんだ
 
随分とチビッコイのが居るぞ
イメージ 1
あいつ等も大きくなってきたから
 
また新入りかな~
 
変な物持って
 
オイラは気に入らないタイプだな
イメージ 2
 
 
 
だれ
 
君は誰ですか
 
チッチャイですね~
イメージ 3
なに持ってるんですか
 
美味しそうですね~
 
チョット舐めても好いですか
イメージ 4
 
 
 
 
仕事始めからいい事してたら
 
神様からお使いがやって来ました
イメージ 5
金色のお布団に座って
 
当たり矢を携えて
 
態々 雪国まで
イメージ 6
これで年内 ロト6 当選間違い無しですね
 
ニャンズに虐められないうちに
 
神棚に鎮座頂きました
 
やっぱり
 
人間
 
善行はやっておくべきですね~
 
お江戸からの心遣い
 
ありがとうございます
 
ロト6 当たったら 一緒にファーストで帰郷しようね
 

チビ~
 
寒いから閉めようよ~
イメージ 1
なんなら暫く外に出てていいからさぁ
 
                               外は寒いじゃん
 
                               見てるだけでいいの
 
もういいじゃん
 
それより
 
年賀状 持って来て
 
                               あいよ
 
                               オイラにも来てるかな~
イメージ 2
多分(来てないと思う)
 
うわぁ~
 
よくアイツ素足で出るよねぇ~
イメージ 3
 
 
 
 
 
相方の送迎以外 一歩も家を出無かった(毎年ですけど)
 
元旦はニャン族にとって嬉しいお年玉だった様で
 
二階で遊んで下に降りようとしませんでした
 
そんな訳で
 
年賀状に
 
雰囲気の違うのが
イメージ 4
何かの記念切手なんですかね
 
飛行機のマークが印刷されてます
 
USAですって
イメージ 5
手書きで空便って
 
来ちゃいましたよ~
 
海外宝くじの当選連絡
 
買って無いから届かないか~
 
中身は
イメージ 6
サンタさんからの年賀状
 
メリークリスマス&ハッピーニューイヤー
 
日本ぐらいなんですかね~
 
思いっきりイベントが切り替わる国って
 
中身はクリスマス&ニューイヤーカード・・・・・・・・・・
 
じゃ無くて
イメージ 7
ラッキー$
 
HAWAIIからのお年玉
 
幸運のお守りです
 
HAWAIIから「早く帰って来い」って督促状です
 
実はブログ友の処に届いたってネタを読んで
 
コメントに ボクの処には届かなかった~ ってジョークの心算で書き込んだんですが
 
そう考えると
 
大変 申し訳無く
 
お気遣いを催促したようで 心苦しいのですが
 
届いたタイミングと相俟って
 
嬉しさの方が大幅に勝っておりまして
 
頂いたお守りは
 
早速 大事に飾っちゃいました
 
飾った処は・・・・・・・・写真を撮ると運気も吸い取っちゃうと困るので(ふる
 
ナイショ
 
だから
 
お守りの写真だけ お裾分け
イメージ 8
皆さんも
 
善き年が過ごせますように
 
サンタさんの$1
 
態々 送って頂いた 送り主様
 
お名前は敢て出さない方がと勝手に思いまして
 
タイミング、心遣い に感謝します
 
ありがとうございました

忘れられそうな
 
所在不明、方向性模索中のブログ
 
思い返すと殆ど不完全終話になっている
 
しかし
 
これだけは
 
友の為に終話へと
 
地の中のずぅ~っと底での大地の吐息が
 
神秘の姿を現す湖から
 
麓に降りて先へ進む
 
新緑の吐息が
 
奥深くから吐き出される
 
オッチャンの寝起きの嗚咽に変わっていく
 
硫黄の臭い
イメージ 1
人は何故 山に登るのか
 
其処に山があるから
 
ボクは山登りが嫌いです
イメージ 2
健太さんと同じ間所で
 
同じようなポーズでヤンチャライダーは撮影中
 
ヤンチャライダーが
 
健太さんと大きく違うのは
イメージ 3
沸き出る大地のエナジーに
 
喧嘩売ることだろうか
 
どう勝負しても負けると思うのだが
 
居切りのポーズは慣れている
 
喧嘩を売っていた相手は
イメージ 4
この迫力に負けない大物
 
ヤンチャライダーに敬意を表しつつも
 
本気で掴みかからないうちに
 
次の地へ
 
温泉地を抜け
 
湖のほとり
 
大地のエナジーは此処までも届いている
 
湖の浜から中にかけて
 
温泉が湧き出る
 
足で少し掘っても
イメージ 5
出ると思うが・・・・・・・・・・
 
目の前に誰かが彫った穴があるので
 
早々に中断したヤンチャライダー
 
水着を持ってきてないので
 
飛びこまれたら困るので
 
早々に車に押し込み
 
最後の峠へ向かう
 
途中
 
北海道人にとっては
 
休畑の鋤き込みようで見慣れた風景
イメージ 6
ひまわりの迷路
 
入ってみたいが迷いたくない
 
入れば
 
迷う自信あり
 
早々に引き揚げ
 
峠から屈斜路湖を見下ろした
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
写真が・・・・・・・・・・・無い
 
確かに撮ったのに
 
無謀なヤンチャライダーが
 
峠のテッペンまで
 
漁サンでドッコドコ上がって行った写真とか
 
落ちそうなギリギリまで行って写真撮ってるとことか
 
あぁ~ この章も中途半端で終わりそうだ
 
写真が無いのでこの後は本人のブログでご確認ください
 
ライダー念願の回るお寿司屋に
 
横目でチラチラ見られそうな場違いのオッサンが二人
 
30分も順番待ちで椅子に座ってる姿とか
 
そのオッサンが一皿一皿 写真撮ってる姿とか
 
話題に事欠かない珍道中
 
次回のオフ会 酒の肴はヤンチャライダーと改造人間ちゅうことで
 
さすらいライダー編 未完 投筆

健太さんと逢った阿寒は
 
全国でも有名になったホテルが経営不振の他ホテルを吸収し
 
景観を維持していると考えるか
 
独占していると考えるか
 
 
BANIANNさんの写真は
 
あそこから
イメージ 1
撮ったんですね
 
写真は冬だったから
イメージ 3
マッタク違って見えますネ~
 
花火が上がってたのもこの湖ですね
イメージ 4
(こうして比べると 確かに 雪で山の頂きの形もマッタク違って見えますネ)
 
 
ヤンチャライダーは景観もそこそこに湖面を覗きこむ
 
釣竿を隠し持って無いか思わずチェックしたくなる
 
長居をすると木の枝でも釣りを始めそうなので
 
早々に移動
 
最近出来たホテルのロビー美術館を見学
 
アイヌの方々のお店を冷やかす
イメージ 5
次に向かうのは
 
とんまさんとの想いで一杯の地
 
三兄弟 団結の地
 
途中の道端で
 
ひまわり畑
 
畑にとっては休畑に養分を鋤き込む為
 
北海道では見慣れた風景
イメージ 6
来年にはジャガイモかビートの畑になるのだろう
 
幹線道路を山道に入る
 
ナカナカの急勾配
 
夕方には走り屋が集まるタイヤの跡が沢山
 
それを見ただけで疼きだすヤンチャライダー
 
頂上に辿りつきパーキングに車を止める
 
パーキングから階段を上がり目の前に広がるのは
イメージ 7
初夏と初秋
 
修学旅行の頃
 
山の息吹が空へと上がる少しの間
 
霧として立ちこめる
 
霧に包まれている湖を見るのは団体旅行の方が多いかも知れない
イメージ 8
神秘の湖
 
摩周湖
 
神聖な湖
 
売店に入り
 
兄弟契りの・・・・・・・芋
 
唯の芋に衣(アメリカンドックみたいなホットケーキの衣)を付けて揚げただけの芋
 
北海道の芋だからこれだけで味がある
 
もう直ぐ新じゃがの季節
 
その時に食べるのが一番美味しいけど
 
これでも感動してくれた
 
ならばと調子に乗って
 
芋の澱粉質だけで作った芋団子
 
流石にみたらしは江戸の味だが味のマッチはこの団子に敵わないと思う
 
芋ばかりで喉が詰まっても困るので
 
白樺の樹液を濾過したドリンク
 
これは話しの種にはなると思う
 
小腹も膨れたので
 
展望台を外れ
 
第二展望台へ
 
此処は観光客があまり来ない場所だが
 
ボク的には静かだし景色も好きだ
 
ヤンチャライダーにとっては
 
いくら人が居ないからって
 
怒られんど
イメージ 9
湖の反対側に広がる
 
広大な大地
 
首に縄を付けとかないと熊を探しに
 
笹藪に飛び込んでいきそうな気配
 
なんとか宥め
 
展望台へ
イメージ 2
ボクはこの風景が好きだ
 
さ~次はこの湖を作った
 
元気な溶岩がもう一つの風景を作っている場所へ
 
此処が天国に近い場所なら
 
次は地獄の入口
 
下り坂で
 
ヤンチャライダー魂に火が付いて爆走、スラロームをせがまれないように
 
静々と向かう事にしよう
 

朝、監房に行く
 
強制野外運動に引っ張り出さなければいけない
 
行き先は山の上からの予定
 
町を抜け山道に入って突然、気が付く
 
逆に回らないとお天道様に逆らうスケジュールになってしまう
 
急遽、反転(左折しないで右折しただけですけど)
 
健太さんとの出会いの地へ向かう
 
途中
 
「あれ展示物ですよね~」
 
「そうだっけ 気にした事無いから 見る
 
「はい
 
脇道に入り 寄り道
 
脱兎のごとく走り出し
イメージ 2
 
躊躇無く
 
開けちゃった
イメージ 1
大丈夫なの
 
管理人に怒られんじゃないの
 
オイラは助けないよ
イメージ 3
そんなに身長高かったっけ
 
マサカだよね~
イメージ 4
普通 コッソリやるでしょう~
 
バキッっていったらどうすんの
イメージ 5
だ~か~ら~
 
コッソリ
 
目立たないようにやろうよ
 
自重って言葉教えてあげるから~
 
って
イメージ 6
止まらんわ
 
「いや~凄いっすね
 
 普通は触る事すら出来ないんですよ
 
 ロープとかで囲まれちゃって」
 
オッチャンライダーは
 
完璧に
 
悪戯小僧に戻っていた
 
こうなると次のポイントでも
 
走り出すのは想像できる
 
 
 
 
 
 
 
 
トイレ休憩に立寄った道の駅
 
地元では豆腐、蕎麦で有名なんだけど
 
時間が早いので開店前
 
トイレだけ借りて
 
慌てて走り出すヤンチャライダー
 
隣の列車を
イメージ 7
この辺は山間で木の町
 
全国でも有数のベニヤ板の生産地を構えている
 
列車も丸太を運ぶ貨物列車が何両も連なり有名だったらしい
 
北海道の山間
 
冬は一晩に1㍍を超える積雪も珍しく無い
 
そんな時に
 
活躍したのが
イメージ 8
足回りを囲んだ除雪用のガード
 
そういえば小さい時こんなのが走っていたのを見た事があるような気がする
 
後ろに連なる元客車はライダーハウスとして使われてるらしいって
 
ヤンチャライダーが言ってた
 
知らなかった
 
房から解き放して約1時間
 
さぁ~て
 
継ぎを目指しますか~
 
 
業務連絡
写真 データで送りますか 焼いて送りますか
オイラの書庫で保管しておきますか
ファンクラブのお姉さま方にオークションで売ってもいいですか

↑このページのトップヘ