二日目の午前中というか
 
早朝です
イメージ 1
此処 五大堂でしたっけ
 
二日酔いの記憶には入ってませんでした
 
十二支の彫り物と時間の解説がありましたが
 
写真は撮ったのですが日差しが強く
 
説明は忘却の彼方で
イメージ 2
 
イメージ 3
 
イメージ 4
 
イメージ 5
 
イメージ 6
意外ですが北海道では
 
こういった光景はナカナカ見れません
 
なんたって白樺が多いですからネ~
イメージ 7
随分入って来ました
 
本堂までもう少しです
 
此処で横を見ると
イメージ 8
此処で止まったのが奇跡なのか
 
此処まで入って来る自然の力が計り知れないのか
 
先人は幾多の教えを残してくれていると思うのですが
 
技術力の進歩とか奢った机上の空論は
 
甚大な被害を齎しましたが
 
さすがの伊達(男)でも
 
先人の教えを重んじ節度を保った
 
歴史の証言が此処に有りました
 
一気に二日酔いも醒め
 
本堂に向かいます