長年お付き合い頂いてる方には恒例で
 
相方は夜中から仕事に駆り出され
 
ボクはボクで 年内中に刃物は使い終わり
 
研いで神棚に上げなければならないので台所に立ちっぱなし
 
全ての料理を整え
 
三箇日は刃物を使わないのがウチ(商人の子)の正月の迎え方
 
いろんなものを切り刻み
 
                              なんか手伝うから ホタテくれ
イメージ 1
っていう毎度のチビのお手伝いを丁重にお断りし
 
でも
 
心なしか寂しそうなチビ
イメージ 2
そうなんです
 
去年から隣で一緒に手伝いの立候補をしていた
 
チョロが居ないので
 
居ないのに無意識に場所を開けてるんです
イメージ 3
今のギャング共はニャン族の世界でも
 
宇宙人の様で
 
感性が合わないようです
 
そんな台所仕事の合間に
 
立ったまま食べるのが年越し蕎麦
 
ウチは鶏出汁 椎茸と鶏に茶色い料理ばかりになるので色目でナルトを
イメージ 4
昨日の夕方から降り出した雪は
 
正月の帳尻を合わすように積雪は30㌢を超えました
 
雪掻きも一段落で
 
もう直ぐ分身1号の帰郷を迎えに行って
 
その序に相方をお出迎え
 
平成23年
 
本当に価値観が変わってしまうような大変な事が起こったり
 
ある意味 全ての人にとってターニングポイントの年となったのかも知れません
 
そんな大晦日を照らしていた陽が落ちます
イメージ 5
電線が邪魔ですが
 
雪降る夕陽が今年の締めくくりにはいい感じです
 
みなさん
 
今年もお世話になりました
 
新春の「明けまして おめでとう」は失礼させて頂き
 
粛々と新年を迎えたいと思います
 
来る年も必ずお元気で
イメージ 6
初日の出は撮れるかな~
 
いつかは必ず夜が明ける
 
悲しみは喜びの予告編
 
皆さんにとっても来る年が幸多い年になりますように