料理や、お酒の話をしようと立ち上げたブログなのですが途端に入院してしまいました(~_~;)

出張からの帰りに運転中お腹が痛くなり我慢できる程度なので頑張って走ってしまいました。
家に辿り着きお風呂に入ったらスッカリ元気(^_^)v
ソファーに横になってテレビを見ていたら再び痛みが・・・・・。脂汗と痙攣「絶対に死ぬ!」そう思った瞬間に気を失ってお腹に冷たいものを感じて気が付いたときには薄暗い部屋で見知らぬ美女が横に座っていました。「何処だ?誰だ?何だ?」クエスチョンマークが一杯。

思考回路が復旧と供に状況判断。女性は多分看護士さんか何かでしょう。白衣を着ています。っということは此処は病院。担ぎ込まれたんだ。お腹は何やってんだ?
「気が付きました? 大丈夫ですよ。今、エコー検査しています」
「エコー?」
「初めてですか?」
「マッタク」
「・・・・・・・・・。」
以降の説明も会話も無く・・・・・。
何だかんだの検査を廻されて先生の前へ。
「急性胆嚢炎ですね。私も長いこと消化器科に携わっていますがこんなに晴れているのは初めて見ました。即、入院ですね」
その場で車椅子に固定され救急救命病棟へ。
車椅子の移動も、ベッドへ寝るときもお酒が目一杯入ったコップを運ぶみたいにソロリソロリ。
「何時破裂してもおかしくありません。破裂したら終わりですから」って笑顔で言うなよ。