2013年03月

年度末の〆
 
帯広からやっと帰ってきました
 
荷物を片付け
 
資料を整理して
 
明日から年度初めのお仕事です
 
週末には札幌
 
帰って来て直ぐに帯広
 
新年度はどんな感じになるんですかね~
 
そんな感じですが
 
帯広からの帰り道
 
雪解けの進む山間で
 
小川の水を飲む鹿君とか
 
日向でウトウトしている鹿君が沢山居ました
 
出会えるのは車の停め辛い場所ばかりで
 
ってことは鹿君達には安全だって判ってるんでしょうね~
イメージ 1
この前見た小鹿君よりお腹がチョコットだけプックリ
 
雪の下から出てきた新芽 イッパイ食べれたのかな~
イメージ 2
雪解けに合わせて
 
毛色はベージュ系
 
でも
イメージ 7
一生懸命食べる時に無防備になってしまう
 
お尻は
 
回りの雪に溶け込むように
イメージ 8
真っ白で
 
のかたち
 
確かに害獣として扱われてしまいます
 
人様が折角植えた木を枯らしてしまうから
 
道路を横断して交通の邪魔になるから
 
草食動物ですから繁殖力が強いから
 
食べると(処理が下手だと)臭みがあるから
 
全て人間からの一方的な偏見ですよね
 
この山の中にどれだけの冬を越せなかった屍が眠っているのでしょう
イメージ 9
そんな事を色々考えながら見送ってもらいました
 
無事に過ごしてね
 
じゃぁ~ね
 
 
 
家に帰ると
イメージ 10
                               おっかえりぃ~
 
                               今日は気持ち好いよぉ~
 
のんびりしたジイチャンのお出迎えです
イメージ 11
                               頭撫でてもいいよ
 
ハイハイ どうもです
イメージ 12
                               ん
 
                               チョット用足し
 
じゃ~ボクボク
イメージ 13
お腹撫でて良いよ~
 
暖かいねぇ~
イメージ 14
脇汗乾燥
 
あっ
 
オヤビン発見
イメージ 3
あれれ
 
紳士は外でそんな事やっちゃ~ダメなのにね~
イメージ 4
一応、処理は的確ですね
 
家だとしない癖に
 
外ではやるんだね
イメージ 5
小さい時から硬い土を掘ってたから
 
デッカイ手だね
 
朝 会った鹿君達も
 
オヤビンみたいに幸せに長生き出来るといいねぇ~
イメージ 6
あっ
 
帰って来た
 
 
 
 
 
さぁ~って
 
明日から春物です
 
衣替えしなくっちゃ~

ねぇ~
 
チョット狭いんだよネ~
イメージ 1
こうやって捕まって無いと
 
落ちちゃいそうだしさぁ~
イメージ 2
ゆっくり寝れないんだよ~
イメージ 10
チョット広げてくんない
イメージ 6
                                   もう 春なんだからさぁ~
 
                               寝てばっかいないで ソロソロ起きたら
 
やぁ~だね
 
だって 外は 雪ジャン
イメージ 7
何となく暖かいけどさぁ~
 
最近は脂っ気が無くなってきたから
 
足が冷たいんだよね~
イメージ 8
解けてる所は
 
足 真っ黒になって
 
拭けってウッサイしさぁ~
 
                               ハイハイ
 
                               広げたよ
イメージ 9
これこれ
 
寝床はこうでなくっちゃぁネ~
イメージ 11
狭い所が好きなんて言ってる奴ぁ~
 
マダマダ ニャンゲンになってない証拠さぁ~
イメージ 12
ニャンゲンはこうして
 
ノビノビの身体を伸ばして
イメージ 3
ゆっくり寝るに限るゎなぁ~
 
 
こっちの方が
 
顎が落ち着くかな
イメージ 4
ん~
 
好いねぇ~
 
昼ご飯になったら起こしてね
 
                               ハイハイ
 
                               おやすみなさい
イメージ 5
 
 
 
オヤビンの春はもう少し先の様です
 
窓から降り注ぐ日差しは暑いくらいですが
 
風は身を切る様な冷たさ
 
週が明けたら死の巡業が始まります
 
今の問題は
 
冬物で行くか春物で行くか・・・・・・・・・・ってソコじゃな~~い

ウチのコタツ虫
イメージ 1
脱皮の用意ももう直ぐでしょうか
イメージ 2
硬く丸まっていたのが
 
少しずつ解れてきました
イメージ 3
春に向けて
 
どんな夢を見てるんでしょうね~
イメージ 4
春の日差しを浴びる夢かな
イメージ 5
足元は昼間の日差しで解けて夜に凍ってしまい
 
素足だと冷たいし滑るんですよね
イメージ 6
やっぱり
 
此処は陽で温まって
 
一番ですかね~
イメージ 7
えっ
 
一緒に昼寝しようって
 
ボクは毛皮着て無いから遠慮しておきます
イメージ 8
ムクムク
 
ヌクヌク
 
ポカポカ
 
オヤビン 春は もう 目の前ですからネ
 
早くコタツ虫から脱皮しようね

3月1日の事です
 
小鹿が子木の皮を剥いで食べてました
 
チョット周りを気にしているようですが
 
それでも黙々と食べてます
イメージ 1
可愛いですね~
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
そう思って微笑ましく見てしまえばそう見える画ですが
 
違うんです
 
雪が深くなり
 
多産系動物ですから頭数が増えて生存密度が過剰になり
 
食料となる芝が食べれない
 
苦肉の環境が起こさせる行動なのです
 
春になり山に入ると
 
餓死した鹿が沢山見つかります
 
胃の中には樹皮が
 
そうなんです
 
お腹が空き過ぎて
 
空腹感を満足させるだけの行為で
 
樹皮は消化されにくく
 
鹿にとっての栄養は殆どありません
 
撮影した日は3月1日
 
山の中で雪が解け
 
新芽が食べれるようになるのは
 
早い場所でも更に1週間以上先の話しです
 
人間は殺生を繰り返し自分たちを維持しています
 
地球上で最悪の肉食動物でしょう
 
その最悪に歯止めをかける為
 
情という感情を与えられました
 
食べる為だけに 食べる分だけ
 
日本で一日に廃棄される食べ残しは
 
世界中の飢餓の国で一年間食べれる量に匹敵するそうです
 
道路工事の片側通行
 
停車中に見た小鹿の生きようとする姿に
 
取りとめも無く考えてしまいました
 
賛否両論 色々な考え方があると思いますが
 
微笑ましい姿に
 

今日は早めに近所(って言っても片道30㌔チョット)
 
に行って来ました
 
昼前に家を出て
 
お昼に寄ったのは
 
古いお蕎麦屋さん
 
道東界隈では結構 有名
 
とかとかでも  等は頼めばなんとか寄ってくれるかも
 
道の駅のそばで
 
最近は山の水族館で有名なとこの近くです
 
そんで
 
そこはお蕎麦屋さんですが
 
お客の8割は 天丼を
 
1,300円ですが
イメージ 1
間違い無く
 
スカイツリーよりこちらの方が早かったと思います
 
別に何の関係もありませんけど
 
お爺ちゃんとお婆ちゃんがやってまして
 
沢庵も自家製です
 
衣は焼きたての最中の皮って感じで
 
これ以上のサクサクは無いでしょう
イメージ 2
温度 高めの油で揚げてるんでしょうね~
 
でも
 
高めなので海老はプリップリでは無く
 
硬いです
 
野菜はいいんですが
 
魚貝は期待しない方がいいかも
 
カラッと揚がっているので
 
最後まで美味しく食べれるのは間違い無いですけどね~
 
そんな訳で
 
相方もボクも
イメージ 3
食後にに行って
 
貸し切り状態
 
宿泊客が入る前の時間でしたから
 
大浴場を独り占めです
 
の~んびりして来て
 
今日はこの後 何しようかな~
 
 

↑このページのトップヘ