2011年10月

道南へは札幌在住時代は
 
結構、遊びに行っていたのですが
 
道東に引っ込んでからは初めてです
 
高速も初めて
 
から見る海はオホーツクの海と違って
 
温かに見えます
イメージ 1
途中のトイレ休憩も
 
ドライバーがワンマンの為長めに設定されていて
 
軽い食事が出来るくらいの時間がありました
 
丁度、競馬の移動もあった様で
 
数台のバスが停まっていました
イメージ 4
このバスにはそれぞれ名前が書かれていましたので
 
運転手付きのお馬さん専用車
 
人間だとリムジンって感じなんですかね~
 
ボクはてっきりトラックの荷台に乗せられて移動してるんだと思ってたんですが
 
お馬さんも高給取りは違いますね~
 
秋晴れの空
 
道南は紅葉に少し早かった様です
イメージ 2
遠くに見えるチョコット変った形の山は
 
一応、観光名所になっているんです
イメージ 3
道南の高速パーキングエリア
 
同じ北海道でも北海道は広いですねぇ~
 
久々に見る風景に新鮮味を感じてしまいました
 
此処は
イメージ 5
です。

数年前にも載せましたが
 
此処は立ち食い蕎麦です
 
札幌でも知る人ぞ知る穴場です
 
場所はテレビ塔の地下
 
函館に行く時は丁度昼時で長蛇の列
 
諦めたのですが
 
帰りは少しの列だったので並びました
イメージ 1
なんで此処は穴場なのか
 
立ち食いなのに
 
手打ちなんです
 
手打ちなのに安いんです
 
それに加えて今は
イメージ 2
新蕎麦ですよ~
 
頼むのは勿論
 
大盛り
 
もり蕎麦400円
 
大盛りはプラス100円
 
出て来たのは
イメージ 3
当然 完食
 
ご馳走様でした~

日差しも穏やかになり
 
日が暮れるのも早くなって
 
たそがれるチビ
イメージ 1
寒くなって来やがったなぁ~
 
こうなって来るとアイツが懐かしいんだよな~
 
フワッフワでホッカホカ
 
早く出さないのかな~
 
                              オヤビン出して欲しい
 
                              釣瓶落としって感じで
 
                              気温も一気に下がって来たもんね
 
うおぉ~
 
まってましたぁ~
イメージ 2
オヤビンが待っていたのは
 
春秋の布団
 
北海道の場合(ウチの場合かな
 
真冬は更にバージョンアップします
イメージ 3
あったけぇ~なぁ~
 
これで白身魚の水煮があったらなぁ~んにもいらない
 
秋はこれで無くっちゃぁねぇ~
 
あっ
 
マタタビのオヤツ付けてくれても好いよ
 
取りあえず 一休み
イメージ 4
                               ボクは報告書纏めするから
 
                               大人しく寝ててね
 
                               モモが邪魔しに来る前に終わらせなくっちゃ~

前回の留辺蘂 カニ弁
 
チョットだけ登場した
 
ボクにとって№1のカニ弁
 
場所は函館の側なんですが
 
公共交通機関で移動のボクには買いに行けない場所
 
JRで行けば当然、途中ですから買えるのですが
 
ボクはJR苦手なんです
 
タバコは吸わないので問題は其処では無く
 
強制的に合席にされたり
 
運悪く賑やかな団体と同じ車両になったら・・・・・・・
 
だから 移動はバスです
 
でもね
 
函館でその話をしたら
 
「札幌で売ってるよ」って
 
十数年前まで札幌に住んでいて全く知らなかった事実
 
帰りに行って来ましたよ~
イメージ 1
長万部のカニ弁
 
売ってる場所は
 
北海道の老舗デパート
 
一瞬 消滅しかけたとかは無視しまして
 
立派にやってらっしゃいます老舗です
 
その「大通館」の地下1B
 
南館との連絡通路側にヒッソリと
 
売ってましたよ~
イメージ 2
レギュラーで1050円
 
ミニで840円
 
今回の函館のお土産は
 
イカ刺しでもイカ徳利でも松前漬けでも函館サブレーでも無く
 
(相方には内緒で)札幌で買ったんですけど
 
相方は
 
態々買って来たの~って食べ物ネタには素直に感激してくれました
 
11月には一緒に札幌ですからバレちゃいますけど
 
はい
 
次回の札幌でも食べる気満々です
 
次回は出来た手を食べるんです
 
長万部のカニ弁です
 
じゃじゃぁ~ん
イメージ 3
カニはこれくらい入ってなきゃ~ダメですよね~
 
カニの解し身に細かく刻んだ竹の子
 
シイタケにグリーンピースに錦糸卵
 
付け合わせは粕漬けとのりのつくだ煮と何故かミカンの缶詰
 
ご飯もギッシリ詰まっていて相当な量があります
 
味は変わってませんでした
 
北海道に遊びに(仕事に)いらっしゃる方
 
この「日本一」のカニ弁 札幌で手に入ります
 
出来れば直ぐに食べて頂きたいのですが
 
出来たては最高です
 
常温で1日もつそうなのでお土産にも出来ます
イメージ 4
いやぁ~満足
 
って訳で
 
今回も食べ物ネタのはじまりでぇ~す

お弁当を買って向かったのは
 
花畑
 
でも
 
数日前のとんでもない風で
 
花は消し飛んでました
イメージ 1
あいにくの曇天で
 
お祭りが始まっているはずなのに
イメージ 2
ガラガラ
 
本当なら園内に入ってお弁当食べようと思ったのですが
 
霧雨みたいに降ってるし
 
風が強いし
 
車の中で食べる事にしました
 
愈々 お弁当の蓋を開けて
 
ジャジャ~ン
イメージ 4
って言うほど・・・・・・・・
 
ボクにとってのカニ弁№1は
 
北海道 長万部のカニ弁当
 
そういう訳で 基準が高いからなのか
 
カニの量も少なめ
 
なんで紅ショウガ
 
錦糸卵は
 
って・・・・・・・・・・・・・・
 
相方も「帰りは何を食べようかな~」ってお弁当から気持ちが離れてました
 
車を降りて
 
トイレ休憩がてらに
イメージ 5
館内を覗いて
 
本当なら
 
ビッシリと敷き詰めてる風景を想像しながら
イメージ 6
必死に残った花達に御礼を言って
 
中には入らず
 
館内の入り口から覗き見て
イメージ 7
次に向かったのは
 
この花畑の更に上
 
この町のシンボル
イメージ 8
「巌望岩」
 
残念ながら下からの全景が撮れなかったので
 
興味のある方は 検索して下さい
 
駐車スペースに車を止めて
 
急こう配を150㍍くらい歩いて登ります
 
登ってる最中に
イメージ 9
ボクも初めて登るので
 
意味が理解出来ませんでした
 
大概の認識として
 
ビルでも展望台でも
 
高い所で
 
出入りできる所は
 
柵があって当たり前
 
意図が無くたって
 
子供には危険でしょう
 
ほんで
 
どういう事かって言うと
イメージ 3
雨上がりで
 
ぬかるし滑りやすいのでボクは近づきませんでした
 
彼女たち(知らない人です)の立っている前は断崖絶壁です
 
天気が好ければそれなりに楽しいドライブだったのですけど
 
まぁ~ 巡業であまり相方に媚を売っていなかったので
 
今回はこれくらいでガス抜きにはなったでしょう~
 
9月の初め もう直ぐ秋かな~って頃の1日でした

↑このページのトップヘ