2011年06月

考えてみると数年前
 
今頃は病院のベットで死にかけてました
 
なんでそんな事を突然考えるかというと
 
病院に運ばれる時にはもうピークを過ぎていた芝桜
イメージ 1
今年はマダマダ見頃です
 
2年前に健太さんが訪ねて来られたのは1か月前の5月
 
本来ならその辺がピークで今なら枯れてしまっている頃なのですが
 
今年は寒暖の差が激しいというより寒い日が多いので
 
未だに綺麗に咲いています
イメージ 2
一言で芝桜と言っても
 
色も色々
イメージ 3
花弁の数も
 
基本は4枚らしいのですが
 
5枚だったり6枚だったり
イメージ 4
健太さん、とんまさんと行った大空町の芝桜公園
 
週末に天気が好かったら行ってみようかな~・・・・・・・
 
仕事が入らなきゃね
イメージ 5
食材分野は未だ苗のまま
 
進展が遅いです
 
富士山の見える所ではイチゴの試食も始まってるって言うのに
 
道東は何時になるんだろう~

オンニャの子はいろんな表情を持ってますね
 
機嫌が好い時
 
おねだりする時
 
お腹が空いた時
 
でも
 
マミは基本的に不機嫌です
イメージ 1
チョロに比べて顔が細く
 
足が長い
 
キリリとしまった顔と言えば好いのかな
イメージ 2
虐められっ子だったから
 
疑り深いのかな
 
今でも警戒心が解けません
イメージ 3
何時でも逃げれるように睨んでます
 
でも
 
チョットしたトラブルが
 
少しだけ性格を柔らかくしたようです
 
それは
 
夜中のオヤビンの巡回についてベランダに出ちゃったんです
 
オヤビンは自分で窓も網戸も開けれるので
 
鍵をかけ忘れた窓を開けて出ちゃったんです
 
今度は閉めることも覚えてくれないかな~
 
オヤビンは其処で監視(夕涼み)にあたるだけですが
 
勢いで出ちゃったマミは知らない世界に(多分)パニック
 
んで
 
落ちちゃいました
 
朝、起きて
 
大家さんがマミが居ないって騒いでいたのですが
 
ボクは仕事があるので(当然、心配しながらも)支度をしなくちゃならないので
 
チョロみたいに初めての外だったら車の下で動けなくなってるよ車の下見てみて
 
って言ったんですが
 
相方は居ないって家の周りや家の中を探し回っていました
 
そんなこんなで小一時間
 
微かな鳴き声が車の方から
 
案の定 タイヤの陰に隠れていました
 
落ちてから多分、少なくても4時間
 
マッタク動かないで必死に耐えていたんでしょうね~
 
タイヤの陰で同化していたから
 
気の焦っていた相方には見つけられ無かったのでしょう
 
助けられて
 
初めて
 
家族って感じたのか
 
マミのベストショット
イメージ 4
クリクリモコモコ
 
チョロのベストショットに匹敵する写真が撮れました
 
 
 
 
落ちて自慢の尻尾がチョットだけですが中ほどで曲がってしまいました
 
左前脚もチョットだけビッコをひいているので
 
後で病院へ行って来ます
 
(発見した時、丁度、定期健診の日だったので直ぐに連れて行って見てもらったら
 
 何でも無いねって言われてたんですが・・・・・・・)

巡業にはなるべく公共機関を使って移動するんですが
 
田舎は便が悪いんで自分で運転して移動する事も多いです
 
片道160㌔くらい
 
朝の6時に家を出てのんびりと走って行きます
 
車を運転する人はお判りと思いますが
 
一度走り出すとナカナカ停まりたくないものです
 
それでも素敵な風景に出合うと
イメージ 1
走りながら撮っちゃうんですよね~
 
廻りに車が居ないし
 
ゆっくり走ってるから出来るんですけどね
 
早朝の牡阿寒岳
 
スッカリ夏の準備
 
朝の木々の息吹を纏ってお休み中です
イメージ 2
この日は何時もより早く出たのでチョット時間にゆとりがありまして
 
今まで数十回と走っていて一度も停まった事が無かった
 
パーキングエリアに停まりました
 
此処はビューポイントのパーキング
 
一眼を構える人たちが常に居る場所なので気にはなってたのですが
 
初めて停まってみました
イメージ 3
高低差は少ないですが
 
白波を立てて下る清流
 
清流の涼しさなのか
 
木々は寝坊しているようです
イメージ 4
手前に見えるネットは人間の防護では無く
 
鹿除けです
 
鹿は可愛いのですが
 
北海道、特に道東では害獣となります
 
人間が住むところを取り上げているのですが
 
人間は自分たちの住むところを荒らしに来ると評価しています
 
人間に害を与えるからって天敵のオオカミを絶滅させたのも人間
 
天敵が居なくなって多産種が増えるのは自然の摂理です・・・・・・
 
こんな美味しそうな水ならボクでも飲みに行きたいですもんね~
イメージ 5
此処は幹線道路なのでトラックや観光バスも頻繁に通ります
 
写真を撮っているあいだにも数台の車が背後を先を急ぐように通り過ぎて行きます
 
停まってみると今まで見えないものが見えるんですね~
イメージ 6
生き急がないで立ち止まってみなさいよ
 
な~んて悟った様な気持にしてくれるのも
 
清涼のマイナスイオンのおかげかな
イメージ 7
今頃は此処の桜も満開を通り過ぎているんでしょうね~
 
ほんの5分ほどの休憩でしたが
 
深呼吸をして何だかとっても得をした気持ちになりました
 
少し戻って寝坊な牡阿寒岳を見てみますと
 
爽やかな青空に漸く顔を出していました
イメージ 8
初夏の道東牡阿寒岳の麓
 
小さな清涼
 
音は雑音しか入っていないですが
 
鳥のさえずりが微かに・・・・・・・・聞こえるかな~
清涼

チビは猫が嫌いです
 
マミはオヤビンが大好きです
 
モモ太郎は遊ぶのが大好きです
 
マミとモモは外に出れないので室内でお留守番
イメージ 1
モモは出れない外には興味が無く
 
下を歩いている虫君が気になります
イメージ 2
あっ
 
モモは潜っちゃいましたね~
 
オヤビンも嫌いな視線に気が付いたようです
イメージ 3
睨まれたマミ
 
オトシャン オヤビンが睨んでましゅ~
 
モモは虫君が気になって気になって
 
 
事件はこの後です
 
ボクと相方は仕事に出かけたのですが
 
この後にオヤビンは家出しちゃいました
 
普段なら巡回に行って長くても1時間前後で帰って来るんですが
 
陽も落ちて・・・・・・・
 
暗くなって・・・・・・・・
 
大家さんは頻繁に探しに出ていたようです
 
ボクが帰って来た時も探して外をウロウロしていました
 
ボクは着替えて自転車に乗って
 
万が一のチョロの事件も思い出し幹線道路を廻って
 
空き地や茂みも覗いて
 
諦めかけた深夜
 
フラフラと弱々しく帰って来たオヤビン
 
何処かで寝てたら閉じ込められたようです
 
お腹がペッタンコになっていて
 
泣きながらご飯を用意した大家さん
 
黙々と食べて元気になったオヤビン
 
身体検査をしましたが怪我は無いようなので一安心
 
お腹も一杯になって元気になって
 
外に遊びに行こうとするオヤビン
 
おい!!

↑このページのトップヘ