2010年05月

チョロの様子が変です
イメージ 1
チョロ~どうしたの
 
                               何でも無いでしゅよ
 
ヒョットして怒ってるの
 
                               怒ってないでしゅよ
イメージ 2
何だか拗ねてるようなんですけど
 
お留守番で怒ってるのかな
 
                               おるしゅばんはオニイチャンと楽しかったでしゅよ
 
んじゃ~ 何で怒ってるの
 
                               怒ってないって言ってるでしゅ
イメージ 3
そうか~ なら好いんだけどさ
 
なんか言いたいことあるんじゃない
 
                                   んじゃ~
 
                               お土産忘れたでしょう
イメージ 4
あっ
 
ズビバゼン

今日も朝もはよから釧路です
 
な な なんと 明日は帯広なので
 
ノンビリ出来ずに日帰りです
 
今日は片道160㌔走って
 
明日は約200㌔
 
トータル2日で760㌔って すごくない
 
ほんで
 
朝もはよから峠を走ってたら
イメージ 1
雪でっせ雪
 
タイヤなんかGWに夏用に取り替えちゃったのに
 
去年の今頃HAWAIIからの健太さん とんまさんともっと高い所まで走った時だって
 
半袖だったのに
 
なんで雪なんだよ~
イメージ 2
そう言えば前回の釧路旅で(鹿の動画を乗せたやつ)
 
 
煩いオッサンに怒られたって書いたんだけど
 
ボクはチャンと安全運転なんだよ
 
前回はチョッコト路肩に停めてただけなんだよ
 
安全運転の証拠に
イメージ 3
ネ~~~ 誰も居ないだだっ広い道路でスムーズに走ってるでしょ
 
あっ 赤い線は気のせいか見間違いだと思うので気にしないでね
 
==注意== 決して密告しないで下さい
 
 
 
 
 
 
仕事を早めに終えて
 
来週の札幌の資料を抱えて帰路について
イメージ 4
朝の雪はなんだったんだよ~
 
日差しは暑いし~
 
でも
 
この寒暖の激しさが美味しいメロンやスイカやグリーンアスパラを育ててるんです
 
あんまりに平淡で眠くなる道
イメージ 5
其処に突然変な車
イメージ 6
こら~
 
ちみたちは楽して車になんか乗っちゃいか~ん
イメージ 7
だから太って肉にされちゃうんだよ
 
な~んて暇つぶしを考えながら運転しないと寝ちゃうんです
 
さ~って
 
明日は帯広だ~
 
今日は少し文面の雰囲気を変えてみました

チョロは箱が好きですね~
 
「箱ニャンコンテスト」の練習ですか
イメージ 1
違いましゅよ~
 
        アタイもお出かけしゅるんでしゅ
 
お出かけですか
 
何処へ行くんですか
 
                         コレに入ってるとオカシャンがちゅれて行ってくれるんでしゅ
 
何処へ
 
                         おしゃかながあってお友達がイッパイ居るところでしゅ
イメージ 2
それは夢の中って言ってなかった
 
                          夢って遠いでしゅか
 
                          チョッチきちゅいんでしゅけど
 
 
 
ナゼにニャン族は無謀な挑戦を好むのでしょうか
 
ナカナカ尻尾が長いでしょ
 
早速 夢の中への旅立ちみたいです

大豆イソフラボンって若返りに好いんですって
 
大豆イソフラボンに含まれるエストロヴェンって成分が女性には必要らしいです
 
レンコンって血中コレステロールの良薬なんですって
 
ヒジキは鉄分の宝庫
 
シイタケは冷え性に効く
 
って相方が横でブツブツ言い続けるので
 
これって
 
遠回しの「脅し」ですよね~
 
仕方ないので
 
言われたもの全部用意して
 
豆は洗って一晩水に浸して戻し
 
シイタケは石附を取って四つに裂いて
 
(石附は洗って乾燥させてミキサーで粉末にして出汁用の瓶に入れてマゼマゼ)
 
料理の直前にヒジキを洗って水で戻して
 
レンコンは皮を剥いて輪切りにして四つに切って
 
水にチョットだけ酢を入れて暫くさらして
 
隠し味に豚のばら肉をほんのチョット包丁でミンチにして
 
ごま油とミンチを入れて火をつける(油が熱くならないうちに入れます)
 
軽く炒めて油がチョット温まったらシイタケ、レンコンを入れて炒め続ける
 
全体が馴染んだら浸し水ごと豆を入れて
 
最後に戻したヒジキを軽く洗って入れる
 
後はお好みの味付けで
 
ボクの好みはピリ辛なんですが
 
今回は相方用ですから
 
純粋の煮物に
 
んで
 
出来たら
 
見事な
 
茶色 料理になりました~
イメージ 1

ガイドさんの説明を聞きながら1階のフロアーを見渡し終わるのに
 
裕に1時間はかかってしまった
 
フロアーは3階まで有るから
 
全て見終るのは日が暮れてからだろうか
イメージ 1
日が暮れては困るので
 
ガイドさんの案内から離れ二人で廻る事にして
 
サメに食べられないうちに上のフロアーに行くことにする
イメージ 2
フラッシュを使えないので写真がナカナカ撮りづらい
 
ゆっくりゆっくり 覗きこむように見ながら進む
 
ウクレレの発想がギターってことは何となく知っていたのだが
イメージ 3
難破した船から流れ着いたのだろうか
 
文明と共に渡ってきたのだろうか
 
弦が切れて使えなくなったものを
 
高価な宝物として何かと交換したのだろうか
 
気の好い人がプレゼントしたのだろうか
 
今風の不法投棄なのだろうか
 
マタマタ妄想癖のスイッチが入ってしまいそうになる
イメージ 4
このボードはデューク最後のボードなんだろうか
 
ワイキキで見る像と違い
 
何とも言えず見入ってしまう迫力を放っている
イメージ 5
オリンピックにアメリカの代表として出発するところだろうか
 
ハンフリー・ボガードも着ていたが
 
この時代のトレンチは実に美しい
 
短足の日本人が着こなすには難しいシルエットだが
 
着てみたい
イメージ 6
人それぞれに興味のスイッチは異なるだろうし
 
歳を重ねた分 感性が変わってくることもある
 
因みに人は 花鳥風月の順に感じるものが広がり歳を重ねるそうだ
 
ボクは未だに花に興味を示さない(ようにしている)のでマダマダ若いって
 
自分で(勝手に)納得し(ようとし)ている
 
千差万別
 
何処に足が止まってしまうのか
 
不思議とボクと相方は立ち止まる場所が似ている
 
ただ
 
思いは違うようで
 
相方は自分の想像(妄想)範囲を超えたものに対して
 
ガイドさんの代わりとしてボクに質問をしたいようだ
 
ボクだってHAWAIIに太古の昔から住んでいたわけではないので
 
若いときに書物で詰め込んだ知識を総動員して応える
 
こういう場合には妄想脚色をしないように心がけるマナーは心得ている心算だが
 
勘違いはどうしようも無い
 
HAWAIIの歴史を訪ね歩く回廊
 
ボク等を含めても日本人は8人くらいしか見かけなかったのが残念
 
(日本語ツアーにはボク等を含めて6人の参加)
 
吹き抜けで真ん中が無い分ゆっくり見た心算でも外に出たときには2時間弱だった
 
さて 次はどの館を見ようか
 
取り敢えずは恐竜と散歩にでも行ってみようか
イメージ 7

↑このページのトップヘ