2009年12月

今年は相方の休みの関係でクリスマスは一日早くやってきました

チビとチョロを入れてもチッチャなパーティーですから
イメージ 1

チキンは何時もの友達のイタリアンレストランに作ってもらって
イメージ 2

序でにピザも焼いてもらって
イメージ 3

天然酵母のパン屋さんでシュトレンを作ってくれて
イメージ 4

ブッシュ・ド・ノエルと言うより完璧にロールケーキだと思うのですが(-_-;)
イメージ 5

写真を撮ってるのに待ちきれないで食べだす相方
イメージ 6

因みにワインは北海道十勝 池田ワインの町民還元ロゼ

地下のワイン倉(台所下のムロ)で寝てた'02年ものです

アヒ・ポキさんから届いたクリスマスカードを見ながら乾杯です(^O^)/
イメージ 7

HAWAIIでの出費をプレゼントとすることにして今年は無しって言ってありますが

イブは今晩ですもんね(^_-)-☆

チョロ~ 何してるの~?

                         お仕事でシュ~(^。^)
イメージ 1

去年もやってくれたよね(^_-)-☆

                         はいヽ(^。^)ノ これはアタイのお仕事でシュ!!

でも 見張って無くてもチャンと数えてあるよ

                         アタイがかじょえるんでシュ!!
イメージ 2

じゃ~ 何枚出来ましたか(^○^)

                         え~とね チョット待ってくだシャイ

                         もう少し近くで見てみまシュ
イメージ 3

ヽ(^。^)ノ 終ったら教えてね~

   去年からチョロは年賀ハガキ印刷の番兵を仕事としているようです        
   写真とか仕事の資料には興味を示さないんですが年賀だけは見張ってくれるんです 

道東にもホンノリと雪が降りました

日本海側は大変なことになっているようですが 道東はカラッカラに乾燥してます

それでも雪が少し降って

途端に年末モード

車が多くなりました

ウチも階段の上がり口が
イメージ 1

毎年 代わり映えがしませんけど 一応クリスマスバージョン
イメージ 2

去年は夜のライトを点けていたので 今年は昼間を
イメージ 3


漸く白くなったベランダに
イメージ 4

♪ニャンコは元気に庭駆け回り

サンタさんを待ってるのかな?
イメージ 5

あ~ アングルが悪くて雪を舐めてる舌が判りづらいですね~
イメージ 6

雪山で穴堀するのももう直ぐだね(^。^)

                  感想が厳しくて喉が痛いBANIANNでした 

シーライフパークからホテルに戻り車を置く

朝食がかなりのボリュームだったのでボクはマッタクお腹が減っていない

元々 昼を食べないのでこのままだと夜も結構キツイ

相方は

「お昼は?」

「ディナーショーが楽しみだから軽くていいや」

「それじゃ~ブラブラ カラカウアを歩いてみるかい」

「アレが食べたい!!」

「それでも結構 お腹に溜まるかもね」

「あたし トリプル~」

「お腹壊しても知らないよ」

ディナーショーのピックアップまで2時間ちょっと

ワイキキを散策してもブランドショップにマッタク興味の無い二人が目指したのは

インターナショナルショッピングプラザ横 「ハーゲンダッツ」

ボクは迷わず コーヒーとマカデミアのダブル

相方はクリームチーズとチョコクッキーのクラッシュのダブル

トリプルは止めた様だ

半分食べて 残り半分はブラブラ歩きながら食べた

全部を食べるには店内は寒すぎるし外では融けてしまう

半分が丁度好い







部屋に戻り シャワーを浴び 夜に備えて着替え チョット早めにバスのピックアップ場所へ

既にバスが数台止まっているが アヒ・ポキさんから早く来ることは殆ど無いと言われていたので

焦ることも無く一応 バスの先頭から順に(無いとは思っていたが)

行き先のプレートを探そうとした時 突然声をかけられた

「BANIANNさん?」

「YES」

日本語で聞いてくれたのに思わず英語で答えてしまった

来ていないはずのバスは相当前から到着して待っていてくれたみたいだ

このスタッフは日本人が通るたびに声をかけていたようで

アヒ・ポキさん曰く 声をかけてくれないはずのスタッフは親切に探していてくれたようだ

恐縮しながら慌ててバスの中へ 後方に丁度二人分の座席が空いていた

更に5分 アメリカ人夫婦と日本人の女性4人が乗り込んできた

最後では無かったことにチョット安心

バラバラに座らされて相方がパニックにならなかったことに感謝

残席はバラバラに残っているだけで乗車人数ピッタリ

アメリカ人のご夫婦には何とも無かったろうが日本人の女性は軽くパニック

空いている席に座るしか手段は無くカチコチに小さくなって座っていた

バスは出発しバス内での説明は全て英語

要はバスを下りてからと会場内の説明と帰りのバスを間違うなって言うだけで 何の問題も無い

軽いパニック集団 女性4人のグループのうち近くに座った1人に概略を説明して落ち着かせた

走ること1時間若

バスが着いて 申し込んだグループに分けられて下りる

一般はシェルのレイを ボクはククイナッツ 相方はハイビスカスのレイを

日本のビュッフェには慣れていても欧米人に混じってしまうと相方には無理だろうと思い奮発した

飲み物のチケットを貰い素敵な衣装を纏ったスタッフの男女と記念写真を撮って園内へ
イメージ 1

ステージを正面にして左に縁日っぽいお店やHAWAIIの昔の遊びを体験させてくれるスペース
イメージ 2

イメージ 3

多分クレヨンだと思うのだが タトゥーを書いてくれるスペースは満員

一応 無料のアトラクションだがチップの缶は見る見る溜まっていった
イメージ 4

ビーチではカヤックの体験
イメージ 5

アトラクションのミニステージではパレオの色々な撒き方を説明していた
イメージ 6

カヤックのビーチに戻りよく見ると
イメージ 7

奥の方でイヌと遊んでいるのはスタッフなのだろうか
イメージ 8

イメージ 9

日が傾き始めビーチで始まったのは大漁の踊り

当然 この手のアトラクションは観光客が駆り出される
イメージ 10

祈りの踊りが終れば 地引網が始まる
イメージ 11

成果は・・・・・・・・まっ!! アトラクションだから

ブラブラとゲームに参加したりお店を見たりチケットと交換した飲み物を飲みながら散策

飲み物チケットは6枚 並ぶ時間を考えると相当のペースで飲まないと消化出来そうも無い

1時間も遊んだのだろうか

突然 鳴り響く ほら貝の音
イメージ 12

会場を移動し ショーの第一弾開始

春の緑も好きです

夏の抜けるような青も好きです

秋の燃えるような赤も好きです

そして

真っ白な世界に入るチョット前

枯山水の世界のような白と黒の世界
イメージ 1

この風景も素敵だと思いませんか

今シーズンは分身1号のおかげでこの景色が白に染まってゆくのを見る機会が増えました
イメージ 2

道東は未だ積雪0ですが峠を越えて段々と雪が深くなってきます

札幌の今日は相当に積っているようです

道東はクリスマスにも雪は無いのかも知れません

雪が無くて寒さが増すと下(土)からの冷気も重なって寒さが増します

雪(湿気)が無いと土が凍らず来年の作物に大きな影響を与えます

雪が無いとチビもチョロも寒いだけで外の巡回に行きたがりません

雪が無いとダムも春に向けて水量が確保出来ません
イメージ 3

やっぱり 北海道に雪は不可欠なんですね~

↑このページのトップヘ